内装工事

軽量鉄骨下地工事

軽量鉄骨下地工事近年、建築の施工は技術面、工法面、環境面への配慮・要請等から、高度化、多様化、合理化などの対応が一層強く求められています。
一方、建築への質的水準の向上・安全性の確保、品質の保証など、一段と重要性を帯びています。
このような中にあって、軽量鉄骨下地(建築用鋼製下地)は建築分野に広く普及し、その役割と実績は大きいものがあります。

内外装ボード工事

内外装ボード工事近年、木造建築物の不燃化と中高層建築物の耐火・軽量化、更に遮音、断熱などの性能向上が強く求められています。
そんな中で、石膏ボード、ケイ酸カルシウム板、ロックウール化粧吸音板等を主として、多種多様な内装用建築資材が使用されています。
 
石膏ボード:石膏を芯材とし両面をボード用原紙で被覆成型した板材で、防・耐火、遮音、断熱性に富み、施工性に優れ、主として壁・天井などの内装用下地材料として最も広く使用されている経済的な基礎建築資材です。

ケイ酸カルシウム板:ケイ酸カルシウムと無機質繊維を主原料とし、強く安定した結晶構造の軽量の不燃ボードです。軽量・高強度で、加工性が良く、耐水性に優れ材質変化が少ないなどの利点があり、近年シェアを拡大しています。

ロックウール化粧吸音板:ロックウールを主原料とし、結合材・混和材を用いて板状に成型したものを基材とし表面化粧を施したものです。
不燃、吸音、断熱、意匠性に優れていることから、燃えない吸音天井材として、オフィスビル、学校、病院及び住宅に広く使用されています。
また、ロックウール化粧吸音板はエコマーク商品であり、リサイクルが可能な地球環境に優しい天井仕上げ材です。

※いずれの商品も、近年問題となっている『アスベスト』や、シックハウス症候群の原因となる『ホルムアルデヒド』等の有害物質を含まない、安全・環境に配慮した商品です。

壁装工事

壁装工事一般に『壁紙』と呼ばれるものでも様々な商品があります。
一般的には、ビニル壁紙、紙壁紙、織物壁紙、無機質壁紙等があり、その色柄も多種多様で、お客様・お取引先と相談しながら、そのニーズに合った商品をお選びします。
近年では、機能性を持たせた壁紙も登場し、抗菌、汚れ防止、消臭、調湿などがあり、選択の幅が更に広がっています。

国内で扱われる壁紙のほとんどはシックハウス症候群に対応した『F☆☆☆☆』表示の商品です。安心してお使い頂けます。

床仕上げ

床仕上げ私達の足元を支える床には、様々な材料が使われています。
石材や金属、木材など、その材料は広範囲にわたっています。
その中でビニル床タイルやビニル床シートなど、プラスチック系の床材は、形状、色柄、機能性の付加などの加工がしやすく、床仕上げの可能性を大きく広げています。
また、じゅうたんやタイルカーペット、フローリングなど、バリエーションに富んだ床仕上げを提供していきます。

グラスウール吸音工事

グラスウール吸音工事グラスウールは文字通りガラスを繊維化して綿状にしたもので、不燃性、吸音性に優れた断熱材として建築資材に限らず様々な分野に使用されています。
建築分野においては、主にビル・住宅用や工場・機械室等の断熱吸音材として広く使われています。
天井裏への敷き込み・壁への充填の他、化粧吸音材として体育館、映画館、オーディオルーム、ライブハウス、工場等の機械室に仕上げ材として用いられています。

フリーアクセスフロア工事

フリーアクセスフロア工事床の上にネットワーク配線のための一定の空間を取り、その上に別の床を設け二重床としたものです。
OAフロアとも呼ばれています。
机や家具の配置に影響されることなく配線できることや、後からの変更が容易です。
LANの普及により近年一般化しています。

フローリング工事

フローリング工事住宅の新築、リフォームの際のフローリング工事から、体育館などの大規模なフローリング工事までお任せください。
お好みに合わせ多様な樹種からお選びいただけます。
和室(畳)を洋室(フローリング)に模様替えしたい、といったご相談にもお応えいたします。

カーテン工事

カーテン工事室内装飾としての機能の他、遮光や目隠し、防音としての機能も合わせ持ちます。
窓の大きさや形に合わせ多種多様な色や素材からお選びいただけます。
窓一つから採寸、製作いたします。

ブラインド工事

ブラインド工事外界の光を室内に調整して採り入れることが可能です。
縦型・横型とあり、また素材もアルミ製、木製、布製とバリエーションが豊富です。